三重県 紀伊長島で手作りの「 米こうじ 」「 小麦こうじ 」「 味噌 」「 甘酒 」を製造、販売しています。
by koujiya20011001
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィ-ル
最新の記事
ブログパーツ
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
「味噌」のトラックバック..
from 「味噌」のトラックバックセンター
銀イオンで浴槽からカビを..
from おいしいカレーよりおいしい情報
(・o・) はじめまして..
from ミニトマト編集部
君はもう男前豆腐を食べたか?
from ちょっといい話@情報局
日光いろは坂♪
from 田舎暮らしは最高!!
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
玄米こうじ出来ました
昨日に引き続き玄米こうじです。今日出麹です。いいのが出来ました。
e0061241_1384829.jpg

僕の仕事は、たくさんの人の役に立つこと。
すばらしい糀(こうじ)を作って手作りのみその美味しさを多くの人に知ってもらいたいな。

玄米こうじは、受注生産ですので在庫はありません。注文後1週間から10日位で準備できます。
是非一度お試し下さい。価格 1,050円(税込)/1kg
連絡先 河村こうじ屋 05974-7-1410

# by koujiya20011001 | 2006-05-01 10:36 | 工場で仕事中
玄米こうじ(製麹中)
e0061241_22324758.jpg

昨日が蒸し作業だったので今日は当然麹の管理の日になります。
世の中はゴールデンウィークということで国道や道の駅は大変にぎわっています。

麹も順調に育っています。白くなってきているのがこうじ菌です。
こうじがついてくる様子を業界用語では、破精(はぜ)といいます。
ですので、全体に白くなった時は、「破精まわりがいい」と言います。
また、菌がつかず白くならない時は、「破精落ち」と言います。

# by koujiya20011001 | 2006-04-30 22:40 | 工場で仕事中
玄米こうじ(蒸し作業)
e0061241_2229350.jpg
e0061241_2229144.jpg

玄米を蒸しました。白米に比べずいぶん色がついています。
そのままの玄米だとほとんどこうじ菌がつかないので表面をわずかに削ってます。

玄米独特の香りが漂っています。
玄米には白米に比べビタミン類、鉄分、カルシウムなどのミネラル分、食物繊維など、現代人に不足しがちな栄養素が豊富に含まれています。
今年も美味しい玄米こうじみそ造ります。

# by koujiya20011001 | 2006-04-29 10:15 | 工場で仕事中
掃除道
e0061241_154645.jpg

先日、トイレ掃除に行ってきたことを書きましたが、「掃除道」の著者 鍵山秀三郎さんは「なぜトイレ掃除か」を紹介しています。
謙虚な人になれる
 どんなに才能があっても、傲慢な人は人を幸せにすることはできない。人間の第一条件は、まず謙虚であること。謙虚になる為の確実で一番の近道が、トイレ掃除です。

自分を見直すと反省するところばかりです。もっともっと自分を磨き心のきれいな人になりたいと思いました。傲慢な心が出たときの自分の顔は、いい顔ではないです・・・
トイレ掃除は奥が深いです・・・。

# by koujiya20011001 | 2006-04-28 01:53 | ゆきのぶの図書室
トイレ掃除に行ってきました!
e0061241_220182.jpg

先日、「三重掃除に学ぶ会」に参加してきました。
場所は、自宅から1時間10分の飯高西中学校でした。

遠い方は、約3時間かけてのさんかでした。
一生懸命トイレを磨くとピカピカになりとっても気持のいいそして何か自分の中で吹っ切れたものがありました。
世話をしていただいた長野様ありがとうございます。
自分も地元でこの体験をたくさんの人にしていただきたいな~。頑張ります。

トイレの絵でごめんなさい。

# by koujiya20011001 | 2006-04-27 21:57 | 日常の出来事
味噌の種類(色の違い)
e0061241_2145122.jpg
e0061241_21453223.jpg

上の2つの味噌は、味噌の種類で言うと、両方とも米味噌です。
色の違いは、大豆のを柔らかくするときの方法の違いです。
白い方の味噌は、大豆を煮ます。二度三度大豆の煮汁をすて、大豆に含まれる着色成分を出してしまいます。
赤い方の味噌は、大豆を蒸します。そうすると着色成分は大豆に含まれたままなので、赤くなりやすく、大豆を煮たものと蒸したものとを比較するとその時点で色に差があります。

しかしながら白い味噌も長い時間熟成すると赤くなります。市販のものは一番美味しい時点で袋つめしているので出来るだけ早く食べるか、冷蔵庫に保存しましょう。

# by koujiya20011001 | 2006-04-26 21:42 | 味噌の豆知識
米こうじ
米こうじが出来ました。
e0061241_23251331.jpg

48時間室(室)の中で菌が増殖し写真のように真っ白にそして菌がからまりあって、
塊になっています。
出来立てのこうじは、栗のような香りがして、ふっくらやわらかく、食べると甘い!!
味噌を仕込む時は、最高の出来立てのこうじです。
こうじ屋さんの裏話はmixi日記で読むことができます。

# by koujiya20011001 | 2006-04-25 23:30 | 商品紹介
仕込みそ配達中!
仕込みそ
今日は、午後から仕込味噌の配達です。
e0061241_23183823.jpg

車に積んで6件の配達です。
多い方で20~40kgもの仕込みそを購入していただいています。
1年分のおみそです。ありがとうございます。
配達の段ボールは、みかんの空き箱をリサイクルしています。
味噌って重たいんですよね~

# by koujiya20011001 | 2006-04-24 23:12 | 只今営業中
金山寺みそ仕込みました
当店でも「手作り金山寺みそこうじ」で仕込みました。
出来上がりが約20kg、野菜は5kg使用しました。
e0061241_20344247.jpg

e0061241_2035947.jpg

照りが出るように水あめを加えてよーく混ぜ合わせて仕込み完了!

あとはじっくり来月末まで待つだけです。出来上がりが楽しみです。

# by koujiya20011001 | 2006-04-18 20:39 | 商品紹介
金山寺みそを作ろう
先日の金山寺みそを作ろうのレシピにある糀と塩(赤穂の天塩)が入ったセットです。
e0061241_120347.jpg

あとは、野菜と水あめを入れてじっと待つこと40から60日・・・美味しい金山寺みその出来上がり。
今のところ紀伊長島の道の駅まんぼうしか販売していません。ごめんなさい。
ホームページでも販売するようにしますのでよろしくお願いします。
米こうじ400g、小麦こうじ400g、豆こうじ200g、赤穂の天塩160g(1,050円税込)

# by koujiya20011001 | 2006-04-17 11:56 | 商品紹介
金山寺みそを作ろう
おいしい金山寺みその作り方

<材 料> 約2kgの金山寺ができます。
・こうじ (米こうじ400g、麦こうじ400g、豆こうじ200g)
・野菜 500g(きゅうり2本、なす2本、大根10cm、ごぼう1本、人参1/2本、しょうが1片)
・砂糖 250g       ・  水 100g
・塩 160g(塩分8%) ・ 水あめ(又はハチミツ) 50g

<作り方>
① こうじと塩を容器に入れ、よく混ぜ合わせ、さらに砂糖を入れ、
   まんべんなく混ぜ合わす。
② ①に細かくきざんだ野菜を入れ、水(と水あめ)を入れてさらによく混ぜる。
   (きゅうりなど水分の多いものは、先に塩で水出ししてから加える。)
③ きれいな容器に入れ、手で押して空気を抜き、表面にラップをして中蓋をし、
   重石1kgのせる。
④ 直射日光を避け、40~60日置いてねかす。

e0061241_11545830.jpg

金山寺みそを作る米こうじ、小麦こうじ、豆こうじです。

# by koujiya20011001 | 2006-04-15 17:46 | 商品紹介
大豆について
e0061241_1384476.jpg
左の写真は、平成17年度産 北海道産大豆『ツルムスメ』です。









この『ツルムスメ』大きさは3.0歩もあり大きいもので約1cmもあります。
この大豆の特長は、美味しさの指標のひとつであるショ糖含有率が高いということです。
この大豆を蒸して食べた時の美味しいこと♪うちには保存技術がないので残念なのですが、
是非食べてほしい!!こんな大豆で味噌作ったら美味しいのできるやろな・・・

大豆で思い出しましたが、「大豆100粒運動」と言うのがあるらしい。
大豆は『畑の肉』と言われるくらいタンパク質含量が多いのです。
でも、蒸し大豆美味しかったな~こんな大豆食べたら大豆も見直されるやろな。

# by koujiya20011001 | 2006-04-08 23:38 | 味噌の豆知識
賞味期限について
e0061241_23421928.jpg

先日、お客様から電話がありました。
「こうじ屋さん、お味噌の賞味期限が切れてしまったんやけどまだ食べられるやろか?」
賞味期限はいつになってますかと聞くと、数日過ぎている。
どこに置いてありました?と聞くと「冷蔵庫に入れてあったんやけど。」
それやったら大丈夫です。
味噌は、保存の場所や温度によって味が変わっていくので今回の場合は、
賞味期限を過ぎていても冷蔵庫での保存であったので、味、色とも袋詰めした時の状態と
あまり変わっていないと思います。と答えた。

味噌は、腐るものではないので一般的によく消費される米みそで6ヵ月後の日にちをつけることが多いと思います。
夏場は、気温が高い為、賞味期限内であってもどんどん色がついていき、味が落ちてしまいます。
夏は特に冷蔵庫で保存することがいつまでも美味しい味噌汁を飲むコツです。

# by koujiya20011001 | 2006-04-06 23:55 | 味噌の豆知識
味噌を作ろう  大豆について
e0061241_2212263.jpg

手作りの味噌を作るときに使用する大豆は、安全・安心の観点から国産大豆を使用するのがよいでしょう。
大豆選びのポイントとしては、新穀であること。土用を越した旧穀は、油焼けして匂いが悪くなるほか、蒸煮しても柔らかくなりにくい。
また、大粒で種皮の色調が、黄白色であることがポイントでしょう。
北海道産の「とよまさり」銘柄は、味噌用として人気が高い品種です。

せっかくの手作りの味噌ですので、大豆も良質のものを使いたいものです。

写真の大豆は、北海道産大豆「とよまさり」です。

こうじ屋さんの裏話はmixi日記で読むことができます。

# by koujiya20011001 | 2006-03-11 23:10 | 味噌を作ろう
道の駅でも売ってます
e0061241_23332129.jpg

当店のお味噌は、製造している当店でも販売していますが
紀北町の 「道の駅紀伊長島マンボウ」でも販売しています。

この道の駅では、スーパーでは買えない数量限定の商品も販売しています。
一度のぞいてみて下さい。お買い得な物もあるかも?

当店の味噌の他にも、地元の物産がたくさん出てますので、お土産には最適です。

こうじ屋さんの裏話はmixi日記で読むことができます。

# by koujiya20011001 | 2006-03-10 23:43 | ここに売ってます!
甘酒ソフトキャンディ
e0061241_1128575.jpg

栃木の母が北海道のお土産を買ってきてくれました。
なんと「甘酒ソフトキャンディ

私も甘酒を作っていますが、キャンディとは・・・
世の中にはいろいろなものがあるんですね。

甘酒は、とっても体にいいんですよ。
消化はいいし、体はあったまるし。

そういえば前勤めていた会社では「味噌キャラメル」を作ってたよな。

# by koujiya20011001 | 2006-03-09 11:39 | 日常の出来事
味噌作り体験
今年は例年より多くの味噌作り体験(教室)に参加させていただきました。
初めての方から、ベテランの方まで中には子供さんまで...

味噌作りは、味噌のことを知るのにとっても良い機会です。
私は、出来るだけ多くの人に味噌作りをしてもらいたいと思っています。

味噌作りは味噌が出来る原料を知り、作る楽しさを知り、食べる楽しさを知ります。

そしてなりより、自分で作った味噌は、手前みそでなく本当に美味しい!!

その味噌を飲んで家族が今まで以上に笑顔になれたらいいな。

私は、もっともっと味噌作りが広がるよう頑張ります。

知らないこと、相談したいことがあったらいつでもメール、電話下さい。

メールアドレス  info@kouji-ya.net
05974-7-1410
e0061241_562471.jpg

e0061241_581447.jpg


こうじ屋さんの裏話はmixi日記で読むことができます。

# by koujiya20011001 | 2006-03-09 05:08 | 只今営業中
仕込の季節ですね
今日は、毎年お世話になっているお客さんに米こうじを配達しました。
片道50kmの道のりでしたが、いつもの道、スムーズに行きました。

今回は、新規の人も増えたそうで、注文が多くなりました。

ありがとうございます。

今日の出麹に塩(赤穂の天塩)をまぜて明日仕込みです。
大豆も米も自前の原料です。

自分で仕込む味噌は、原料も自分の畑で採れた米や大豆で作ることもできる
世界にひとつだけの味噌になります。

そんな味噌の良し悪しを決める糀を造るのですから、これからも美味しい味噌になるように
頑張ります。

# by koujiya20011001 | 2006-01-23 21:38 | 只今営業中
味噌の仕込:容器につめて重石をのせる
e0061241_7253561.jpg

よく混ぜた味噌をボール状にして空気を抜くようにつめます。
e0061241_7255956.jpg

表面を平らにならし空気に触れないようにラップで密着させます。
この時、容器の回りはラップをへらで押し込むように入れ込みます。
e0061241_7261232.jpg

容器より大きめの袋を用意し、全体がかぶるように覆いかぶせます。
e0061241_7262242.jpg

仕込んだ味噌の重量の約2割の塩を用意し、袋に入れ、容器にかぶせた袋の上にのせます。
塩を使用するのは、形が自由になり、味噌の表面全体に重石がのるからです。

味噌のたまりが表面に出て、カビをふせぎます。(たまりが空気に触れるところはカビがでますので、その時は、取ってください。)

# by koujiya20011001 | 2006-01-18 07:26 | 仕込
港市にでました
今日は、毎月第2土曜日の港市でした。
当店も参加して、あおさのみそ汁を無料で配りました。

あいにくの天気で、お客さんの入りはいまいちでしたが
あおさのみそ汁は好評でした。
隣でいっしょに頑張ってくれたひじき屋の西君は、
「あおさはやっぱりみそ汁やで」と言ってくれました。

あおさのみそ汁は磯の香りがして作り方も簡単!

今年も港市には参加しますので、第2土曜日は
紀北町紀伊長島区 前浜にお越しください。


こうじ屋さんの裏話はmixi日記で読むことができます。

# by koujiya20011001 | 2006-01-14 22:12 | 只今営業中
手作りみそセット(米みそ)
昨日も注文がありました。 電話で。ありがとうございます。

e0061241_04399.jpg

味噌の基本中の基本「米みそ」セット
米こうじ 1.5kg
北海道産大豆 1.0kg
赤穂の天塩 1.0kg
5kg容ポリ樽

上のセットで約5kgの味噌が出来上がります。
親切なセットは、重し用の塩(1kg)
大豆をつぶす為の袋 上に密着させるラップ
もついています。

*赤穂の天塩は1kg入りですが、使用する分は、580gから600gです。

質問、相談は、いつでもお受けいたします。
info@kouji-ya.net まで。
遠慮なくメールください。

# by koujiya20011001 | 2005-12-20 00:55 | 手作りみそセット
子供たちと味噌作り
愛知県豊川市で「食と未来を考える市民会議」主催の
味噌作り教室に行ってきました。

内容は、お母さんは料理教室、子供は味噌作りに別れ行われました。
子供は総勢25人。5歳の男の子から中学1年生の女の子までいました。

最初に原料の説明をして「糀」を見せたのですが、
子供たちは、 「うわーーーー」 「カ・カビとるーーーー」 「毛はえとるーーー」
なんと最初から味噌を作ることに引いてしまって・・・
こちらも内心、「どうなるんや」と不安いっぱい・・・

最初の説明では、つまんなさそうな顔をしていた子供たちも
糀を量って、塩を量ってと作業が進むと
ワイワイ、ガヤガヤ
終わりのころには、みんな笑顔になって本当に「ホッ」としました。

無事終わってよかった、よかった。
e0061241_64355.jpg
e0061241_6432651.jpg
 

# by koujiya20011001 | 2005-12-11 06:44 | 只今営業中
味噌を作ろう  糀(こうじ)について
糀はその原料によって米こうじ、麦こうじ、豆こうじにわけられます。
当店では、小麦を原料とする『小麦こうじ』も取り扱っています。

糀には「乾燥こうじ」と「生こうじ」があります。
「乾燥こうじ」は水分をとばして乾燥させたもので
日持ちがするので長く保存するのに適しています。

「生こうじ」は逆に保存には適していません。すぐ使用しない時には、
塩を混ぜて「塩切りこうじ」とします。そうすると1週間位は大丈夫です。
その後も極端に悪くなりませんが、糀の力が弱くなってしまうので
せっかくの「生こうじ」ですので、早く使うのが良いでしょう。

こうじ屋さんに注文する時は、仕込日を伝えて一番新しい糀が届くように
したほうが良いでしょう。

# by koujiya20011001 | 2005-12-08 06:11 | 味噌を作ろう
味噌を作ろう  原料編
先日、「味噌の作り方を教えて」と言う電話があり
説明したのですが、(ホームページでも紹介しているが・・・)
ブログでも細かくそしてかゆいところまで手の届く作り方を紹介します。



味噌の原料を用意する

みその原料は、糀(こうじ)と大豆と塩です。

手づくりの味噌を作る場合は、せっかくの「手作り」ですので
原料にもこだわりたいものです。
私がおすすめする手作り味噌は、原料の糀を大豆の1.5倍使用する
味噌です。
糀を売るのが商売だから言うのではありませんが、糀を大豆より少なくして作ると
糀の甘味やうまみが少なくなってしまい、美味しい味噌ができないと思います。
ですから、糀は大豆と同量かそれ以上をおすすめします。

次回は糀(こうじ)について説明します。

# by koujiya20011001 | 2005-12-07 23:01 | 味噌を作ろう
南へ北へ・・・
今日は、昼から配達のため、南は尾鷲市の梶賀(釣り客がたくさん来てました)まで行き、帰宅後は、すぐに宮川村まで行ってきました。全走行距離208kmになりました。
高速を使わずにこの距離は田舎ならではだと思います。

今日は、風がとても強かったのですが、快晴で運転していてもとても気持ちのいい日でした。
途中、梶賀から見た賀田湾と、三木浦から見た海を撮影しました。
こんな景色のいいところに住んでいる僕らは、贅沢だと思いつつ、・・・・・・・・世界遺産に登録になった熊野古道もすぐそばにあり、たくさんの人にこの景色と古道、自然を満喫していただきたいものです。

一件目の納品先は古江という町で小さな漁村です。住んでいるところがまたすごい。
山の傾斜に沿って家が立ち並び、台車も使えず30kg位の味噌を運ぶときなんかは、途中休憩しながらも足や手がプルプルし、帰りの階段では膝がガクガクしてきます。
今度、画像でお伝えします。
納品先では留守でしたが、となりのおばちゃんが伝えといてあげると言ってお願いしました。
玄関も当然開いてます。田舎の人とのふれあいも最高ですよ!
e0061241_1756514.jpg
e0061241_17562555.jpg

宮川村では、日が暮れてしまいあたりは真っ暗。
上を見ると、満天の星空。暗闇でひとりしばらく夜空を眺めていました.......
二人で見ればなお良い!
こんな星空は、都会じゃ絶対に見れません。おススメ♪
こんな配達もなかなかいいですよ♪

今日もたくさんのお客様から元気をいただきました。

# by koujiya20011001 | 2005-11-29 23:21 | 只今営業中
今日は勢和村へ
最近寒くなってきましたね。
仕事のほうは、仕込みそのお客様からの電話の注文が多くなってきました。
今日も配達をかねて勢和村まで仕込みの原料(米、大豆)を預かりに
行ってきました。帰り際、遠くまでありがとうと採れたての白菜をいただきました。
商売をさせていただいて、お土産までもらってありがたいことです。
今年も一件一件一年分のみそを気持ちを込めて造らせていただきます。
e0061241_20141487.jpg


# by koujiya20011001 | 2005-11-26 20:08 | 只今営業中
小牧市農業祭に参加しました!
e0061241_16374977.jpg

マル○シさんのひじきあおさのりは、大変好評です。


e0061241_16381450.jpg

上○商店さんの干物は、毎年のことながらすごい人だかりでした。お母さんの売り方が上手い!

当店は、地元の方が金山寺みそを作るという事で、小麦こうじが完売しました。
昨年仕込みそを買っていただいたお客様が今年も購入していただきました。ちょうど一年で今すごく美味しいとのこと、ありがとうございます。来年も参加させていただきます。

# by koujiya20011001 | 2005-11-20 23:00 | 只今営業中
豆こうじ作りました
今期初めて豆こうじを作りました。
初めて見る人はびっくりするかもしれませんが、大豆の蒸したものに
こうじ菌をつけたものです。
明日19日(土)からいく小牧市の農業祭で売れるんですこ・れ・が
一年に一度顔なじみになった人に会えるのも楽しみの一つです。
結果はまた報告しま~す♪e0061241_132478.jpg

# by koujiya20011001 | 2005-11-18 13:02 | 味噌の豆知識
はじめまして!
はじめまして!

三重県紀伊長島町で「糀」(こうじと読む)を造っています。

自分の仕事から身の回りのいろいろな事を紹介していきます。

よろしくです。

# by koujiya20011001 | 2005-08-29 19:36
みそ汁
e0061241_104386.jpg


# by koujiya20011001 | 2005-04-22 00:59 | 工場で仕事中